FUJIMIYA CO., LTD.
シメジの写真 各野菜の写真 魚沼コシヒカリの写真
生産者の顔が見える!
トップページへジャンプ!
会社概要へジャンプ!
取扱商品の紹介へジャンプ!
取扱い店の紹介へジャンプ!
生産者の紹介へジャンプ!
関連リンク集へジャンプ!
〒949-8202
新潟県中魚沼郡津南町
大字芦ヶ崎乙203番地
魚沼良品農場
有限会社フジミヤ
TEL 025-765-2823
FAX 025-765-2949
Mail info@aji-e.com
Copyraight
 このページは取扱い商品の紹介です! 各商品の生産者については、
生産者の紹介ページで御覧下さい!
雪下人参ジュース

各生産者が心を込めて栽培しております。鮮度・味ともに絶対自信があります。
きのこは1年中食べれる天然健康食品ですのでぜひ食べてみて下さい。

まいたけ
舞茸を20年間作り続けているベテラン生産者が自信を持って作っています。この舞茸は歯切れの良さ、香り、日持ちが自慢です。
詳細は生産者の紹介へ
出荷時期 1年中
しいたけ
この椎茸は除湿をしながら育てるため、水分が少ないため日持ちがよくボリューム感があります。煮ても焼いても炒めてもおいしいです。
詳細は生産者の紹介へ
出荷時期 1年中
シメジ
癖が無く、あっさりしているため和洋中・幅広い年代に人気があります。
発ガン抑制物質「βグルカン」も多く含まれています。
詳細は生産者の紹介へ
出荷時期 1年中

エリンギ
松茸並の歯ごたえのあるエリンギは、焼いても、煮ても、炒めてもどんな料理に使ってもしっかりしていて崩れないのが特徴です。
詳細は生産者の紹介へ
出荷時期 1年中
なめこ
体内で酸性からアルカリ性に変化する食品です。ビタミンB1、B2またリンなどの無機質も含んでおり、健康に良い食品です。
詳細は生産者の紹介へ
出荷時期 1年中
えのき
このえのき茸は薄いクリーム色をしていて、かさが開いていません。ピンっと張りがあり、歯ごたえもシャキッとしています。
詳細は生産者の紹介へ
出荷時期 1年中

魚沼の大地で育ったこれらの野菜・山菜は雪解け水を充分に吸ったミネラルたっぷりの土で育ちました。できる限り農薬は使用せず、飲料水としても使えるきれいな水をふんだんに使っています。魚沼は、水の郷でもあります。

雪下にんじん
この豪雪地、魚沼津南町ならではの特選野菜です。甘味が多く、ニンジン特有の癖がない大変希少価値の高い人参です。
食べ方・作業工程などの詳細
出荷時期
3月下旬〜4月中旬
朝採りグリーン
アスパラガス
魚沼の大自然の恵みをいっぱいに受けて育ちました。
朝採りだから新鮮で柔らかく、甘みもたっ〜ぷり。
商品の詳細
出荷時期
5月中旬〜6月下旬
朝採りトウモロコシ
今までのものとは全く違うこのとうもろこしは、その夢のように甘いところから『夢のコーン』と名付けられています。
食べ方などの詳細
出荷時期
7月下旬〜8月下旬
長いも
生産者が味に絶対の自信をもっている長芋です。繊維質が細かでねばりも強く、長いも本来の風味深
さがあります。
生産者
大口好貞さん
出荷時期
11月下旬〜1月下旬

りんご
紙袋を果実にかけずに栽培したリンゴです。太陽をたっぷりと浴びて、美味しさが、詰まっています。味の濃さが特徴です。
生産者の紹介
榎田さん
出荷時期
12月上旬〜1月中旬
枝豆
ゆであがった時の香りがとても懐かしく感じられる田舎の味。やっぱりビールには、定番の美味しい枝豆が最高ですよね。
詳細は生産者の紹介へ
出荷時期
7月下旬〜9月中旬
大根
寒い所の大根は甘味があり美味しいといわれていますが、魚沼の秋口は1日の寒暖差が激しく更に美味しく甘いのです。

詳細は生産者の紹介へ
出荷時期
9月中旬〜10月下旬
キャベツ
気候的に、冷涼を好むキャベツの生育には、魚沼の気候はぴったりです。味にクセがないので、何の料理にもあいます。
生産者の紹介
滝沢さん
出荷時期
9月中旬〜11月中旬

かたくり
かたくりはユリ科の多年草のことで、雪どけ後の早春の明るい林床に群生している野草の一つです。漢方で「便秘の特効薬」です。
食べ方などの詳細
出荷時期
4月上旬〜4月中旬
山たけのこ
(根曲がりたけ)
魚沼の大自然の恵みをいっぱいに受け育ちました。
天然山菜の中で最も収穫が大変です。とくに鮮度が命の山菜です。
商品の詳細
出荷時期
4月下旬〜6月中旬
ミズナ
ミズナはクセもアクもなく、あっさりしています。また、シャッキとした歯触りとわずかにぬめりがあります。
食べ方などの詳細
出荷時期
5月中旬〜6月中旬
山ふき
癖がなく食べやすいのが特徴。また、佃煮(きゃらぶき)にして特産品としても人気があります。
食べ方などの詳細
出荷時期
5月上旬〜6月中旬

うるい
うるいは、ぎぼうしとも呼ばれている山菜です。山菜特有のアクはなく、キュッキュッとした独特の歯触りと若干のぬめりがあります。
食べ方などの詳細
出荷時期
4月中旬〜5月上旬
こしあぶら
苦みが強く香りもありますから、天ぷらや素揚げなどの油での料理が一番。苦みが油で丸めこまれ、コクとなります。
商品の詳細
出荷時期
4月下旬〜5月上旬
山うどの芽
春の味覚『山菜』、その中でも代表的な存在である山うど。その新芽は天ぷらにもっとも適していて絶品です。
食べ方などの詳細
出荷時期
5月上旬〜5月中旬
山うど
捨てる部分は全く無い山菜。葉や新芽の部分は天ぷらに、茎は生食に、サッと湯がいて酢みそ和えに、煮物、炒め物なんでもあいます。
食べ方などの詳細
出荷時期
4月中旬〜5月中旬

行者ニンニク
行者ニンニクは、強いニンニク臭があり、山奥で修行をする行者さんが好んで食べた事が名前の由来です。
商品の詳細
出荷時期
4月中旬〜5月上旬
木の芽
つるを絡み付かせる落葉のつる性木本。小葉が5枚あるものと3枚あるものが、あり、春の芽吹きの若芽を食べます。
食べ方などの詳細
出荷時期
4月中旬〜5月上旬
タラの芽
タラの芽はアクが強く、香りも高いので食味の充実感があります。小さいものは天ぷらで開いた物は和え物にあいます。
食べ方などの詳細
出荷時期
4月中旬〜5月上旬
わらび
わらびはアクが強いのでわら灰などでアク抜きをし、水にさらしてからおひたし、みそ汁の実、和え物などにむきます。
食べ方などの詳細
出荷時期
4月中旬〜5月上旬

コゴミ
水はけの良い斜面を好んで生えている。湯がいて鰹節と醤油又は、マヨネーズを付けて食べる、若干ヌルヌルと少しネバリがあるのが特徴。
食べ方などの詳細
出荷時期
4月中旬〜4月下旬
ふきのとう
独特の香りとほろ苦さが春の息吹を感じさせます。冬の間にたまった脂肪を流し、味覚を刺激し一年の活動をスタートさせます。
食べ方などの詳細
出荷時期
4月上旬〜4月下旬
のかんぞう
日当たりのよい野原や土手などに群生するユリ科の植物。
生の葉は若干青臭いですが、塩ゆですると臭みも抜け味は一級品。
食べ方などの詳細
出荷時期
4月上旬〜4月下旬
乾燥ぜんまい
春の山菜の中で王様的存在なのが、このぜんまいです。
調理できるようになるまでがちょっと大変ですが、絶品です。
商品の詳細は!
出荷時期
4月中旬〜4月下旬

中魚沼郡津南町でとれるコシヒカリは、全国的にも良く知られる「魚沼産コシヒカリ」。
魚沼産コシヒカリでも一番うまいとされているのは、砂状土の水田とされ、この地域にはこの砂状土が多いとされています。
おかずがなくとも、あるいは梅干、海苔、味噌漬け、塩昆布だけでも何杯も食べれるほど!
今問題視されている、ブレンドなどは一切発生しない為、「魚沼産コシヒカリ」本来の味がお楽しみ頂けます。

金賞受賞米
全国米食味コンクールで連続金賞を受賞し、平成18年には「名稲会ダイヤモンド褒賞」に認定されたお米です。
生産者
桑原健太郎さん
玄米800kg限定
鴨米
合鴨農法で無農薬を実現しています。鴨が草取りをやってくれる為、除草剤は使いません。
生産者
桑原誠さん
玄米300kg限定
減農薬米・粟・黍
この豪雪地、魚沼津南町ならではの特選米です。農薬は、最小限に抑えるように工夫してます。
生産者
桑原浅孝さん
玄米500kg限定
はざ掛け米
魚沼津南町の透き通った空気の中、秋の日ざしを充分に浴びた特選米です。これは、ひと味違う!
生産者
清水源平さん
玄米500kg限定

さといらず豆・
さといらず味噌
「さとうがいらないほど甘い」と言われたことから名付けられた大豆「さといらず」。煎り豆にしても味噌にしても、その深い味は変わりません。
天然ジュース
(人参・トマト)
この天然ジュースは、天然素材の味を生かし市販されている各ジュースとは、全くの別物です。
津南素材ジャム
津南の素材を使った、繊維や果肉たっぷりのジャムです。いちご、とまと、かぼちゃ、かりん、雪の下にんじんの計5種。
魚沼の穀物
小さな農家の方々から自宅で消費できない余剰な豆を集めました。農家の方が自家用に栽培した物なので、少々見た目が悪くても余分な消毒や防腐剤は使用しておりません。

津南町は、コシヒカリの名産地として有名ですが、
オリエンタル系ゆり、特にカサブランカの日本有数の産地でもあります。

カサブランカ
ユリの王様。白い大輪の花が豪華に咲きます。花持ちもとても良く、10日以上花持ちします。水切りをしますとより一層花持ちが良くなります。