FUJIMIYA CO., LTD.
シメジの写真 各野菜の写真 魚沼コシヒカリの写真
生産者の顔が見える!
トップページへジャンプ!
会社概要へジャンプ!
取扱商品の紹介へジャンプ!
取扱い店の紹介へジャンプ!
生産者の紹介へジャンプ!
関連リンク集へジャンプ!
〒949-8202
新潟県中魚沼郡津南町
大字芦ヶ崎乙203番地
魚沼良品農場
有限会社フジミヤ
TEL 025-765-2823
FAX 025-765-2949
Mail info@aji-e.com
Copyraight
このページは 取扱商品 >> 山ふきの詳細 です! 生産者についての詳細は、
生産者の紹介ページへ!

山ふきの詳細!
魚沼の天然山菜  山ふき
ふきは湯がいてから皮をむき調理する。またゆですぎると色も食感も無くなるので、たっぷりのお湯に塩を多めに入れ茎の太い方からゆでる。すぐに水にさらし、根本から皮をむき、むいたものはまた水につけておく。この時、水にさらしすぎると風味が損なわれるので注意。水気を切ったものを油炒めでいただくのが一番おいしい。また、佃煮(きゃらぶき)にしても良い。
山ふきの緑色を美しく生かすレシピ!
1、フキは鍋に入る長さに切りそろえ、さっと水洗いし水けの有るうちに塩を
  全体にまぶしなじませる。
2、約4〜5分なじませたフキを、たっぷりの沸騰湯に塩を多めに入れ根元の
  太いものから入れる。
3、ふたたび煮たって約2〜3分ゆでる。太い部分をつまんでみて、しなっと
  感じればOK。
4、余熱をなるべく早く取るため、水を入れ替え手早く冷やす。
5、根元から皮をむきながら、むいたフキを水につけておく。
6、あまり長く水につけると風味を損なうので手早く料理。
7、料理は煮すぎないこと! やや薄味で煮たあと、汁とフキを別々に冷やし
  漬け込む。
8、また、酒・しょう油・みりん少々でおかず向きに炊いてもOK。

取扱い商品の一覧に戻る