FUJIMIYA CO., LTD.
シメジの写真 各野菜の写真 魚沼コシヒカリの写真
生産者の顔が見える!
トップページへジャンプ!
会社概要へジャンプ!
取扱商品の紹介へジャンプ!
取扱い店の紹介へジャンプ!
生産者の紹介へジャンプ!
関連リンク集へジャンプ!
〒949-8202
新潟県中魚沼郡津南町
大字芦ヶ崎乙203番地
魚沼良品農場
有限会社フジミヤ
TEL 025-765-2823
FAX 025-765-2949
Mail info@aji-e.com
Copyraight
このページは 取扱商品 >> ゼンマイの詳細 です! 生産者についての詳細は、
生産者の紹介ページへ!

ゼンマイの詳細!
魚沼の天然山菜
ゼンマイ
全国に自生しますが、急峻な斜面や沢沿いなどに群生し、食べるほどの量を摘むにはかなりの距離をを歩き回らなければなりません。
ヤマドリゼンマイは湿地帯に大群落をつくります。
ゼンマイのまめ知識!
若芽が銭のように円形に巻いている様、「銭巻」が語源となっているようです。
平地から高山の湿った野原や崖、土手等に群生する多年草です。
名産地は東北と言われていますが、全国に広く分布しています。
古くから乾燥品として用いられ、保存食として多用されています。
美味しい食べ方!
分 量
一番気をつけていただきたいのが戻す分量です。戻すと8〜10倍の量になります。
目安は約20gで3〜4人分の煮物やお味噌汁1回分となります。
保 存 保存期間の目安は1年間です。古くなったぜんまいは戻したときに煮溶けてしまうので、開封後はお早めにご使用されるか密封し冷暗所で保存してください。
戻し方 1、約20gのぜんまいを鍋にいれ、ぬるま湯をかけ30分ほどおく。
2、湯が冷め、水が赤くなったら2〜3回程水を変える。
【干しぜんまいとしらたきの煮物】
材料---ぜんまい(戻したもの)・しらたき・油揚げ・干し椎茸・調味料
干しぜんまいは戻して3〜4cmに切っておく。
干し椎茸は水に戻して千切りにし、戻し汁はとっておく。
しらたきはあくをとるため、切って湯がいておく。
熟した鍋にサラダ油を敷き、ぜんまいを炒める。次に椎茸の戻し汁と椎茸、しらたきを入れる。
火がとおったところで砂糖、醤油、酒を加えて弱火でゆっくりと煮る。最後にみりんを加えて仕上げる。
※その他にもけんちん汁の具や車魅との煮物、白和え、くるみ和え、みそ汁の具としてもお使いいただけます。魚沼地方の郷土料理には干しぜんまいは欠かせない一品です。

乾燥ゼンマイができるまで!
画像をクリックすると拡大画像が見れます。

山から採って来たゼンマイのわた取りをします。
釜に火を入れわた取りをしたゼンマイを入れます。
茹であがったら、お湯から上げます。
お湯を切り、まんべんなく日が当たるようにムシロに敷き詰めます。
天日干し! 1日に数十回こうやって、手で揉んでやります。
天日干し開始から4日、ようやく出来上がりです。


取扱い商品の一覧に戻る